もの申す!

2009年4月25日 (土)

草なぎさんや! 鳩山さんや!!…

草なぎさんや、ちょっと飲みすぎちゃったねぇ。嫌なことでもあったんかい。まぁ、つぶれるまで飲みたい時もあるからねぇ…でも、やっぱり酒に飲まれたらあかんよなぁ…迷惑をかけちゃったのは確かだし、あんたは日本を代表する芸能人だからねぇ。影響度は大きいよね。気いつけないと…

まぁ、私には言えないけれど…coldsweats01

鳩山さんや、あんたには言えるよ…最低の人間はあんたの周りのほうがたくさんいるじゃん。酷税を流すように使って国会でおままごとやってるアホな議員さんがたくさんおるでしょ。そうそう、あのヤジの方がいい迷惑なんじゃない?

シラフで奇声あげてる国会議員と名の付くアホがたくさんね。そうそう、選挙が近づくと、街中にも出てくるじゃない…人の悪口ばかりうるさいマイク使ってがなってる人たちが…

あれ、みんなあんたの友達でしょ。そうそう、酷税ばかりじゃなくて、民間企業からまいないを吸い上げて、のほほんと白を切ってる仲良しの友達もいるじゃんねぇ。そんな汚い仲間ばかりのあんたの方が、よっぽど最低の人間じゃない。

だいたい、自分の言ったことくらいには責任持ちなさいよ。あとで撤回するくらいなら言いなさんな。そんなこと、小学生だって知ってるぞ。あんたが『最低の人間だ!』って言わなきゃならん奴はもっと他に、あんたの周りにいるだろうが。同じ党のバカタレに言ってごらん。そしたら、少しは見直してあげるから!

それに、少しは国民のための政治をやってごらんなさいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

ブログ通信簿

Tushinbo_img

ブログの性別は女性、年齢は22歳…うーん、女性的で若者の振りをして書いているってことか…

影響度が1ってのも寂しいねぇ…主張度は4…そんなに言ってるかねぇ…

まぁ、詩人でも目指すか…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

塚田の銀メダル

塚田は惜しくも決勝戦で中国に1本負けをきした。塚田は終始攻めの姿勢で最後まで戦い抜いたと思う。日本柔道の基本、、組んで相手を圧倒してきた姿には共感を覚える。結果、銀メダルではあったが、素晴らしい結果だと思う。

舛添厚生労働大臣が男子柔道の歯がゆい(?)結果に苦言を呈したそうな…

「攻めの姿勢が全然ない。気力に欠けている。おれにやらせろと言いたいような、年金の話よりはるかに、こちらの方が楽しい」

あんたアホかと言いたい。何が年金問題よりこちらの方が楽しいだ。お前ら政治家は金メダルどころか、予選前落ちばかりだ。そんなアホな、生意気なコメントする前に、本業でしっかりやってみろって言いたい。あんたら政治家はみんな一本負けか反則負けばかりだ。男子柔道、確かに結果は出なかったけれど、あんたら政治家よりよっぽどましだ。舛添のバカたれも人の批判をする前にもう少しまともなことをしてみれ!

柔道に関しては、今後レスリングではなく、きちんとした『柔道』になることを望む。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

こんな身近なところで・・・

また起きてしまったのか・・・そんな感じのニュースだ。

京王八王子の駅ビルに入っている書店で、通り魔による殺人事件が起きた。今朝、出勤する時、上空を報道のヘリと思しき機が旋回しながら飛んでいた。

むしゃくしゃしていたから・・・ただそれだけの理由か・・・たったそれだけの理由で人を刺し殺すのか・・・そんなことが許されるのか・・・とてつもない怒りを感じる。

身柄を拘束され、裁判が始まる。決まって出てくるのは精神鑑定。そして弁護側は心神耗弱を訴える。下される判決だって、犯人が生きているうちに出て来れる有期刑だろうが。何も落度の無い若い命を奪っておいて、生き延びるか・・・そんな理不尽が許されていいのか・・・

こんなバカげた理由で人を殺した犯人に、そんな軽い刑でいいのか・・・人ひとりを殺せば、やはり死を持って償わなければならないと思う。特にこのような事件に対しては・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

厚木の高校生、しっかりせい!

用事あって、厚木市の緑ヶ丘というところから、本厚木行きのバスに乗った。座っているのは高校生・・・立っているのはお年寄り。こういう光景、悲しいねぇ・・・2人乗ってきて、1人には譲ったものの・・・1人は立たせっぱなしだ。

席も譲らず携帯に夢中なバカ高校生や、目の前をよく見てみぃ!
譲り合いとか優しさということが無いのか・・・バカボンが!
同じ高校だと思うが、程度の低い高校だ。そう思ってしまう。

まぁ、いつも言っちゃうのに、言わなかった私も『らしく』なかったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

埼玉県の英断となるか・・・

埼玉県は深夜営業のコンビニ等に自粛を申し入れているという。

郊外への出店を礎に店舗を伸ばしてきたイオングループ。キャッチフレーズにもなっている『木を植えてます』。新店を出すたびに、敷地内に植樹を行っている。CO2の削減という意味において、少なからず環境保全に寄与していると思われる。

しかし、本当にそれだけでいいのだろうか・・・

バブルの後期頃、自由競争を妨げてはならないという骨子のもと、大型店の出店に関する法改正があった。それまで、大型店は出店に関してさまざまな『縛り』を受けていた。法改正において、かなりの部分で規制緩和されたのだ。そのひとつが営業時間だ。

覚えているだろうか・・・

あの頃からショッピングセンターの営業時間が大幅に延長されたのを。コンビニもバブルの波に乗り、飛躍的にその数を増やした。それがきっかけになったか、24時間営業に参入する物販、飲食店が増えた。

ロードサイドには24時間営業の店が当たり前のように立ち並んでいる。飽和状態の店舗数、消費者の立場として、生活は確かに便利になったろう。

埼玉県の申し入れに対し、消費者の利便性、防犯の拠点になっている。そうした理由から反対している企業もあるという。

しかし、それは違うのではないだろうか。夜型社会となった要因の一端はそういった店の乱立にあると思う。昔に比べると、夜の凶悪犯罪が増えた。それは当然といえば当然だ。ライフスタイルが当時とは変わってしまったのだから。

木を植えてエコを考えるより、先にやることがあるような気がしてならない。『開いてて良かった!』当時のキャッチコピーも今や必要ないんじゃないか。無ければ無いなりにやれるものでは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)