心の日記

2010年10月18日 (月)

懐かしい本…

四半世紀前から追い求めていた本をついに手に入れた。絶版になってだいぶ経つこの本。どこに行っても売って無かった。出版社にも無かった…

新しくオープンした吉祥寺コピスのジュンク堂で聞いたら、大阪の店に在庫があると言われた。早速取り寄せてもらった。ついに手に入れた。この本は思い出深い本…何としても欲しかったんだ。

それにしても、店のスタッフに聞いてから、ずいぶん時間がかかった。かなり真剣に探してくれたのだろう。
『本を買うならジュンク堂!』となりそうだ。嬉しい…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

四半世紀振りの音色

高校時代に弾いていたフォークギターを押し入れ深くから引っ張り出した。何となく弾いてみたくなったんだ…

埃をかぶり、弦はすっかり錆びついていた。弾いていた頃を思い出しながら、勘を頼りにチューニングする。

昔よく弾いた曲が浮かび、つまびいた…イントロのメロディがとても綺麗な曲で、私の一番のお気に入りであり、十八番の曲であった。もちろん楽譜などいらない。原曲を自分なりにアレンジして弾いていたんだ。当時は…

しかし、指が動かない…長き歳月は時に悲しいものである。あれほどしなやかに動いた指が止まってしまう…何だかとても寂しい気持ちになった…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

健康診断が終わった…

健康診断が終わった…
昨年からの減量作戦も11.6キロ減で着地した。まぁ、満足な数字である。最後の追い込みで1.6キロが付いた感じである。

今日は自分へのご褒美…

あくまで通過点、来年に向けて頑張りましょ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

見上げると、夏空が…

8月後半の寒さは幻だったのか…『やはり』というよりも『当然』のごとく、夏が戻ってきた。空を見上げると、積乱雲が天高く伸びている。

昨夜はあまりの暑さにエアコンをつけ、扇風機を回していた。扇風機はタイマーをかけていたのだが、うかつにもエアコンはそのままにしてしまった。寝る前に消せばいい…そう思っていたが、最近の疲れた身体には無理のようだった。

横になったとたんに深い眠りに入ってしまった…

気が付いた時には明るくなっていた。身体は冷たく、喉は痛い。おまけに頭も痛い…そのまま朝を迎えてしまった。設定は24度。せめてもう3、4度上げておけば良かった。すべては後の祭り…今日は身体がだるい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

哲学者と云われた浮浪者

私の親の世代の方から聞いた話である。

新宿駅の地下を寝城にした浮浪者がいた。彼はいつも難しい本を読んでいる。時には英語で書かれた分厚い本を食い入るように読んでいたという。

ある日、その方が差し入れをしようと、哲学者の元を訪ねた。姿に感銘を受けたので、失礼とは思ったが、ビールに弁当を差し出したという。

哲学者は丁重に断ったそうだ。凡そ見掛けからは想像もつかない丁寧な言葉で。

こうしてはいるが、プライドを持って生きている。

最後に哲学者は言ったらしい。

何年か後、たまたまそこを通りかかった時、私も見掛けた。以来、歳月が流れ、全く見掛けなくなった。すっかり忘れていた最近、違う場所で、彼と覚しき人物を見掛けた。

偶然だった・・・今もやはり、昔と変わらぬ哲学者だった。何となく嬉しかった。

彼は彼なりに幸せなのだろうな・・・そう思った。いや、そんなことを思うほど、おこがましいことはないか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

ある上司・・・

私がまだ駆け出しの頃、私を今の職種に引っ張り上げた上司がいた。その上司が異動すると、スライドで私も異動した。彼は私がその会社を辞めた後、関連会社の社長になった。たまに会う機会もあり、何度も声を掛けられた・・・

彼は私に対しては異常な程に厳しかった。反発もしたし、何で俺がこんなにも言われなきゃならないんだ・・・同じ職場で働いていた時には何度も思った。

それが精一杯の愛情だったと気付いた時は、離れてしばらく経った頃だった。当時、叱咤激励されていたことがすべて今の自分の糧になっている。そう感じた。

久しぶりに電話をかけてみた・・・

退任されたことを知った。忙しい人で、一度かけた時、会議中だった。その後会った時、秘書に言付けてくれたら、繋ぐように話しておくから・・・そう言ってくれたのに・・・もう少し早くかければ良かった。

こうなってみると会いたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

こんな写真、すいません・・・

こんな写真、すいません・・・
事が起きたのは6月29日だった。キャベツの芯をくり抜こうと、包丁を持つ右手に力を入れた。その瞬間、刃は滑り、左手の親指、爪側に直撃した。爪が半分ほど割れた・・・というより切れた。

あれから3週間。爪は伸び、傷も癒えてきた。長いドサ回りのため、休んでいた弁当作りも、今日から復活である。


包丁が当たったところが爪だったのは、不幸中の幸いだったかもしれない。もしも、当たった場所がずれていたら・・・相当な勢いだったし、縫うくらいの傷は負っていたろう。神経でも切っていたら・・・考えただけでぞっとする。運が良かったのだろう。

今日からまた、弁当を持つ日が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

格闘・・・黒いヤツ、ライブ中継!

それは午前3時、真夏の夜の出来事・・・

エアコンのタイマーをかけて寝たのは、現在をさかのぼること、日付も変わる頃だった。暑さで目が覚め、飲み物をと思い、明かりを灯した。エアコンのタイマーを手にし、向けた瞬間、目に入ったのは、黒くうごめく『あいつ』だった・・・

そう、言うまでもない・・・

あいつだ・・・

こういう時は猫の手も借りたい・・・だが、あいにく我が家の猫は玄関先で伸びたまま寝ていた。起こしに行く余裕もなく、傍らにあった新聞紙を咄嗟に丸め、格闘が始まった。

我が砲は的確に捉え、撃破したように思えた・・・しかし、敵軍は僅かな隙間に逃げ込み、冷戦・・・

策を練り、少しずつ家具をずらし、再び開戦・・・


30分に渡る大戦に勝利した時には、滝のような汗が全身を流れていた。

我が部屋のエアコンは窓枠に取り付けたタイプ。浸入口はヤツ等が1匹通れるかの小さな隙間だ。

明日、対策を考えなくては・・・

とりあえず、明日はホームセンターに行かなくてはな・・・ということで、これから寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

不吉な予感・・・

先日(4日の朝)、メガネのフレームが折れてしまった日、とんでもない事が起きた。恐らく今後の人生に影響する結果になるだろう、大きな出来事だ。

今日は出張。ちょっと古くなったカバンをお供に出てきた。目的地に着き、カバンを開けた瞬間、事は起こった。

ファスナーが外れてしまった。今日が初日だし、何せメインの口なので、このまま家までは持たない。急きょ、買うことにした。

とある大手家電店である。古いカバンを棄ててもらおうとしたら、無理だと言う。不燃物なので、原則出来ないということだ。さて、困った・・・どうしょうか・・・

すると、応対した販売員が今回は何とかしますよと、気を利かせてくれた。出張中で困った私を、見兼ねて言ってくれた。杓子定規ではかれば、NOなのだろうが、嬉しい対応だった。出張でのお仕事、頑張って下さい。大切に使われたカバンは丁重に預からせて頂きます。彼は最後にそう言った。

今度、何か買うことがあったら、ここで買おう・・・そう思った。小売って、こういうことでファンが出来るのだよな。

嫌なこと続きで、また何か起きるか・・・そう思った不安を取りのぞく出来事だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

みつあみちゃん くみこ

みつあみちゃん くみこ
絵本を買った。
何年振りだろうか・・・実はこの絵本は同級生が出したものだ。今までも『画』では出ていたが、今回は『文』も手掛けている。活躍しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧