« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月14日 (土)

青春18キップの旅…最終日

新大阪から新快速に乗った。今日は懐かしの地に寄っていくため、少し早く出発した。
旅も最終日…各駅停車でのんびりと…こんな旅もありだな。いいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

青春18キップの旅…待ち時間

青春18キップの旅…待ち時間
新宮駅で紀伊田辺行きの電車を待っている。47分待ちである…これもローカル線ならではかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18キップの旅…2日目

今日は三重県の『津』よりスタート。紀勢本線で紀伊半島を1周、和歌山を経由して大阪に向かう。

天気、晴れ…
気持ちのいい朝である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

青春18キップの旅…初日終了

途中の遅れも何とか取り戻し、初日の目的地に到着した。

思えば遠くへ来たもんだ…思わず口ずさんでしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18キップの旅…台風の影響

青春18キップの旅…台風の影響
飯田線『伊那八幡駅』に停車中。台風の大雨による影響で、行き違う電車が16分遅れているとのこと。こんなハプニングも旅には付き物。目的地までたどり着ければいいのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18キップの旅…飯田駅

青春18キップの旅…飯田駅
飯田駅に停車中。一番長い停車時間、16分…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18キップの旅‐雨…

青春18キップの旅‐雨…
青春18キップの旅‐雨…
東京は朝からとても良い天気だったが、甲府辺りから雨になった。そして、小淵沢を過ぎた頃にはアルプス連峰は深い霧の中となった。今、上諏訪…ここから飯田線に乗り換え豊橋に向かう。

豊橋まで6時間18分、205.2キロ。

本日の行程で一番長い区間である。そして一番楽しみにしていた路線だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18キップの旅・ひとり旅…

仕事での出張は多いので、思いもしなかったが、そういえば生まれてこのかた、一人旅をするのは今回が初めてである。学生時代にもしたことはない。まさか、今ごろになって…

何だか不思議な気持ちである。

『青春18キップの旅』普通電車のみを乗り継ぎ、3日間で1464キロ、乗車時間は30時間05分の旅である。乗り換えること17回、12都府県を移動する。
乗り換え時間も含めると1日の半分近くになる。けっこう過酷な旅になるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18キップの旅・序章…

青春18キップの旅、思いついたのはつい数日前のことだった。ふと目に付いたポスターを見ているうちに、行ってみようかと思ったのだ。

さっそく時刻表を買ってきた。JRが民営化される少し前まで、私は俗にいう『鉄道オタク』だった。カメラと時刻表を片手に東京駅や上野駅を走り回っていた。その当時は時刻表の中での旅に、見たこともない異境の地に思いを馳せていた。現実逃避する時も、いつも時刻表の中だった。


青春18キップでの旅は実は2度目である。高校を卒業したばかりの頃のこと、傷心旅行であった。笑い方も忘れた憂き18歳の春だった。あれから○十年、2度目の旅が始まる…


四半世紀以上が過ぎた今、世の中を見るメガネは変わったけれど、気持ちは全く同じだろう。
どんな旅になるのか…どんな出会いが待っているのか…

3日間の旅が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

早起き…

おはようございます。

というには早すぎる感もあるが、今から30分くらい前に目が覚めた。暑かったので、エアコンを入れて涼んでいたが、ふと外が気になったので、エアコンを消して窓を開けてみた。

一番早く鳴き始めたのはひぐらしか…やがてセミや小鳥の大合唱となる。空は白々と明るくなってゆく…

エアコンを入れて窓を締め切っていると分からない自然の朝の情景である。とても気持ちがいい朝だ。今度は散歩にでも行ってみよう。

ふと、そんなことを思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

懸賞・ローソン35周年キャンペーン

懸賞・ローソン35周年キャンペーン
D賞『7日間連続 毎日1品人気商品がもらえる!』に当選した。

いつ応募したのだろう…笑。毎日行けば7個ゲット出来るとある。まぁ、行ってみましょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »