« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

未来予想図‐旅孝

2080年春…
私は羽田沖に出来た地下ステーション、15番ホームに立っていた。今日はニューヨークで会議がある。いかに近くなったとはいえ、ニューヨークでの日帰り会議は辛い。1泊くらいさせてもらいたいものだ。21世紀も後半に差し掛かり、世界中の交通網は大きく変わった。地上にはごく一部の交通を残し、全てが地下に埋設された。21世紀初頭、東京からニューヨークに行くには飛行機で行くしかなかったらしい。この地下ステーションの脇には昔、空の玄関口だった羽田空港記念公園がある。今では飛行機の定期便は全て廃止され、レジャーで飛ぶわずかな飛行機を除いては、ほとんどが退役し、そのうちの何機かは貴重な資料として羽田空港公園にある記念館に展示されている。


今はリニアが国内外を通じて、交通の主流となっている。従来のリニアモーターの技術がさらに進歩し、真空間と液体ヘリウムを利用した交通システムが構築された。これにより、日本とニューヨーク間は1時間半で結ばれるようになった。

30人乗りのシャトルは静かに滑り出し、15分後には時速1万キロに達する。現在においての最高速度である。それから緩やかに減速が始まり、目的地ニューヨークの地下ステーションに到着する。

平成という時代は完全に歴史上のひとコマとなり、当時ののんびりした旅が今、見なおされ、楽しみのひとつとなっている。『不便』という言葉は死語となった。世の中から不便が無くなった。

ニューヨークからの帰り、疲れた心を癒してくれるのは、映画を観ることである。特殊スコープを被り、3D映画を楽しむ。今日はスカイツリーが出来た平成を懐かしむ映画を観ることにした。今では空中都市が当たり前のように栄えているのだが、当時は競って高いビルを造っていたらしい。今では平成時代の文化が懐かしい世の中になってしまった。

映画の合間に入るCMで、新幹線で行く京都の旅を流していた。来月は1ヶ月間の休みがある。のんびりと新幹線の旅でも楽しんで来ようか…そう思いながら帰路についた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

懸賞・ドリームマッチ

懸賞・ドリームマッチ
いつ応募したのか忘れたが『サントリーザ・プレミアム・モルツドリームマッチ2010』の入場引き換えのハガキが届いた。

当たるもんだねぇ〜
でもまぁ、これは大量当選かな…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

市民大学講座

今日は市民大学講座を受講してきた。4回のコースの初日である。今日と次回は生物学の講義。その後の2回は天文学…

仕事には全く関係ない講義を受けるのは大学卒業後初めてではないか。たまにはいいものである。

今回は友人に頼んで応募してもらった。他市民なので、本来は受講資格は無い。

ちょっとクセになりそうである。今度は自分の住んでいる地域で探してみようと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »